私は40代の女性です。

 

70歳の母親を介護中で会社と実家の往復の毎日が精いっぱいでした。

 

月曜日から金曜日まで満員電車に揺られ、
電車の中では日々の疲れから爆睡。

 

会社に着いて事務職の仕事を終え、
給料は安いけれど、定時で帰れるので、18時には退社。

 

土日は介護で終わり。

 

これを5年間毎日毎日時間を食いつぶすかのように
繰り返すだけの日々でした。

 

でもある日、

 

「自分の将来も考えなければならないよ」

 

と認知症ギリギリの母親から言われ、
思い切って婚活を始めました。

 

あまり都心に出てパーティーとかに参加できないので、
家でもできる婚活ということで
結婚相談所の中でも家から相手の顔写真や性格が見える
ゼクシィ縁結びカウンターに入会しました。

 

楽天オーネットなども検討しましたが、
相手の顔写真が見れるネット検索が、支店に行かないと見れないとのことで、
申し訳ないですが自分にはその時間もない・・・と思い、
諦めました。

 

その後ネットからチャットで相性の合ういい感じの相手が見つかり、
1回目のデートで結婚前提のお付き合いを申し込まれました。

 

彼は地方の田舎出身ではありますがきちんとした家柄で、
現在の仕事も申し分ない地位と収入です。

 

その時私が悩んだのが、いつ介護中の母親がいるか、私の家族のことをいつ伝えるかということです。

 

介護中の母親がいると言えば断られてしまうかもしれない、、
と思うとなかなか言い出せずにいました。

 

もちろんお付き合いする前までは
付き合う前に言おう!と心に決めていましたが、
いざお付き合いが始まってしまうとなかなか言えなくなってしまったのです。。

 

私も自分の人生をうまくいかせたい

 

との思いがあったのだと思います。

 

嫌われたくないと思えば思うほど、言えなかったのですが、
結婚を前提としたいならば、深い関係になる前に話そう!と思い、
カミングアウトしました。

 

そしたら、彼も彼でいろいろ家庭に事情を抱えていることがわかりました。

 

父が早くに亡くなり、母親一人で育てられたこと。
その彼のお母さんの足が悪いので私にも彼の家族の介護が必要な時は助けてほしいこと。

 

将来は私の母とも住めるよう
2世帯住宅も考えていることを話してくれました。

 

自分の背景も知ってもらって、

 

「それでも大切にしたい」

 

と言ってもらえたので、
だからこそ、受け入れてくれた彼には感謝でいっぱいになりました。

 

そして、これからも幸せになろうと強く思えました。

 

いま、その彼と結婚して、
主人にその時のことを話したら、

 

「介護くらいそれくらいのこと全然大丈夫だよ」といまでもあっけなく言ってくれて、
私ができない分、家事の手伝いや料理も作ってくれます。

 

勇気を出して婚活始めて本当に良かったと思いました。